院長あいさつ

思いやりのこころをもって
患者さん一人ひとりにやさしい風を届けたい

当院は、昭和30年の開院以来、西播磨地区の中核病院としての役割を担っています。
患者さんの症状等に応じて機能分化を図り、統合失調症に加え、うつ病等気分障害、発達障害等の多様化する疾患への対応とともに、急性期から回復期、リハビリテーション、地域生活支援までの入院治療を高岡病院で行っています。外来医療の拠点として、けいふう心療クリニックを設け、退院後のケア体制として、訪問看護、デイケア・デイナイトケア、地域活動支援センター、グループホーム、ケアホームなどの施設を整備し、患者さんが早期退院から地域で安心して生活できるようにサポートしています。さらに、平成24年からは、職場復帰等を推進するためのリワーク外来を開始し、職場復帰への支援も行っています。

また、高齢社会のなか、認知症を中心とする脳器質性疾患や患者さんの高齢化によるADLの低下及び合併症への対応については、医療的側面を高岡病院が担い、在宅・自立にむけては、老人保健施設老人ケアセンター緑ヶ丘を拠点に高齢者医療に取り組んでいます。
医療法人 恵風会として、入院機能を高岡病院、外来・地域医療をけいふう心療クリニック、介護保健適用の高齢者の対応として老人介護保健施設老人ケアセンター緑ヶ丘、各地域生活支援施設を各対応拠点がそれぞれが取り組んでいます。
医療スタッフ一人ひとりが現状で満足することなく、技術レベルを向上させ、よりよい医療を提供していきたいとの考えのなか、毎年、秋にはけいふう学会を開催し、各部門の代表者が研究発表する機会を設け、恵風会としての連帯感を深めています。

特定医療法人恵風会 高岡病院
理事長・院長長尾 卓夫
Takuo Nagao