入居のご案内

認知症高齢者グループホーム(認知症対応型共同生活介護)とは

認知症の症状がある高齢者が少人数で共同生活をする施設です。スタッフが入浴、排せつ、食事等の日常生活上の支援をし、心身の健康の維持改善をはかる介護保険の中の居宅サービスに位置付けられています。

対象
  • 要支援2〜要介護5の認定を受けた方
  • 入居を希望する本人が認知症の状態にある方
  • 少人数による共同生活を営むことが可能な方
主なサービス内容

ユニットごとに台所がありますので、毎朝と昼食は週に2日自炊をしています。庭に小さな家庭菜園を作り、土に触れ、野菜を育て、収穫し、食材として使用することもあります。また、年2回のバス旅行、外食の日、花見、そうめん流し、その他季節の行事も開催しており、楽しみながら、季節を感じていただけます。
地域の方々との交流を大切にし、お祭りや地域の催しにも参加しています。

入居までの流れ
  • 見学の予約
  • 見学
  • 申し込み
  • 空室がでましたら、お電話でご連絡いたします
  • 面接

    ※予約制ですので日時をご連絡の上、お越しください。
    ご本人と介護者の方にお話を伺います

  • 健康診断

    ※所定の検査が必要です
    ※入院や通院をされている方は、主治医の紹介状をご持参ください

  • 入居判定

    ※面接・健康診断の結果をもとに、判定会議を開き、入居の可否が決まります

  • 入居手続き・入居日決定
  • 施設入居