診療科のご案内

主な症状と特徴について診療科別にご案内いたします。

精神科・心療内科

主な症状

  • 最近気分が晴れない
  • 不安で仕方ない
  • 眠れない日々が
    続いている
  • 最近気持ちが
    落ち込んでいる
  • 不安が強くて
    イライラする
  • これまで楽しめてたことが
    楽しくない
  • 何でも自分が悪いように
    感じている
  • 考えがまとまらない
  • なかなか寝付けず
    よく眠れない
  • 物忘れがひどいと感じる
  • 不安・緊張・眠れない
    幻聴や妄想・やる気がでない
    気分が落ち込む

精神科・心療内科外来の特徴

神経内科

主な症状

  • 急に手足がしびれ
    動きにくい
    しゃべりがもつれる
  • 徐々に体の力が
    なくなってきた
  • めまいがする
    ふらふらする
  • 頭痛がする
  • 次第に歩きがもつれてきた
    動作が遅くなった
  • 物忘れ・言葉がでない
  • めまい
  • むせる
    物が飲み込みにくい
  • ひきつけ・けいれん
  • 意識がなくなる

神経内科外来の特徴

神経内科は、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気をみる内科です。神経系の病気の症状としては、体にうまく力が入らない・歩きにくい・こわばる・ふらつく、といった運動系の症状やしびれる、などの感覚系の症状、ほか頭痛・めまい・物が二重に見える・意識障害などたくさんあります。当院では主に頭痛・パーキンソン病などの神経難病の診療を行っています。

児童・思春期外来

主な症状

  • 人とのコミュニケーション
    が上手にできない
  • 急に言葉を話さなくなった
  • 爪を噛んだり
    髪の毛を抜いたりする
  • 突然大きな声を出したり、
    暴れたりなど
    じっとしていられない
  • 気分が落ち込むと、
    全く周囲と関わらなくなる
  • 妙なことに異常にこだわる
  • 引きこもりがち
  • 学校に行けない
  • 妄想的な発言をする
  • 頭痛・胃痛・発熱

児童・思春期外来の特徴

自閉症・アスペルガー症候群・ADHD(注意欠陥多動性障害)などこころの発達で悩まれている方、うつ状態、不安症状、チックなどの心の治療や、不登校、ひきこもり、家庭内暴力などの問題についての相談、発達障害の診断・治療・支援など、幅広く受け付けています。臨床心理士による、心理検査や療育の相談も可能ですので、気になることがございましたらご相談ください。